【秘話】大谷翔平、田中真美子夫婦の出会いは東京都内のトレーニング施設の廊下!

  • URLをコピーしました!

大谷翔平選手の奥さん田中真美子さん。

お二人の最初の出会いは、今から3〜4年前。

出会いは「練習施設の中の廊下」と大谷選手が答えています。

その施設が、どこか明確にされていませんが、

  • アシックススポーツコンプレックス東京ベイ
  • 味の素ナショナルトレーニングセンター

この2つのどちらかと推測されています。

この記事では、大谷翔平選手と奥さん田中真美子さんの馴れ初め、経歴とプロフィールまで詳しくお伝えしていきます。

目次

大谷翔平選手と奥さん田中真美子さんの出会いと馴れ初め

出典:女性自身

大谷選手は雑誌「Number」の独占インタビューの中で、奥さんとの初対面の場所を聞かれた際「練習施設の中の廊下」と答えられています。

出会った場所の候補1)アシックススポーツコンプレックス東京ベイ

まず、お二人が出会った場所と推測されている候補の1つ目が、

「アシックススポーツコンプレックス東京ベイ」

ここは、2019年に東京の豊洲にオープンしました。

この施設に大谷選手は、元通訳の水原氏とオフシーズンの際は頻繁に訪れています。

黒のジャージ姿の写真も、その時のもの。

「同施設は、アシックスが運営する日本最大規模の低酸素環境下トレーニング施設として2019年、東京・豊洲にオープン。トップアスリート専用と思われがちですが、実は月会費約2万円を払えば誰でも会員になれました」

引用:https://jisin.jp/sport/2307799/

ただ、この施設は残念ながら、2024年3月15日を最後に閉館しています。

大谷選手はオフシーズン、都内の湾岸エリアのタワーマンションで過ごされています。

このマンションはセカンドハウスとして、2018年に購入されたそうです。

詳細の記事は、下記になります。

あわせて読みたい
大谷翔平の母親・加代子さんの身長は170cm!現在は息子のサポートに専念! 大谷翔平選手が今季から所属するロサンゼルス・ドジャースは、開幕から好調。 そんな大谷選手を育てたのが、母親の大谷加代子さん。 加代子さんも大谷選手と同じく、170...

このトレーニング施設も、豊洲で同じ湾岸エリアなので近いですね。

大谷選手がトレーニングをしていたという目撃情報も!

そして「アシックススポーツコンプレックス東京ベイ」で、大谷選手がトレーニングしていたということを、Xにポストされている方もいました。

この施設は一般の人も会員になれたようなので、あの大谷翔平選手と同じ空間でトレーニングできるのは羨ましい限り。

ただ、トレーニングには集中できそうにもないですね。

田中真美子さんも同施設を利用していた

出典:女性自身

そして、妻の真美子さんも、この施設を訪れており、元通訳の水原氏に挨拶をして帰って行かれたそうです。

出会った場所の候補2)味の素ナショナルトレーニングセンター

そして、お二人が出会った場所と推測されている候補の2つ目が、

「味の素ナショナルトレーニングセンター」

この施設は、国が370億円もの費用をかけて設立した、国内唯一のアスリート専用のトレーニング施設です。

大谷選手は、奥さんと初対面の場所について、雑誌「Number」の独占インタビューの中で答えています。

『Number』(3月7日発売号)の独占インタビューに応じた大谷選手は、奥さんとの初対面の場所について、『練習施設の中の廊下』だったと明かしました。

大谷選手が『ジムではない』とわざわざ断ったとなると、もう考えられるのは国内では“あの施設”しかないだろうと関係者の間では話題になっています。

その練習施設と噂されているのが東京にある「味の素ナショナルトレーニングセンター」だ。

引用:https://jisin.jp/sport/2300896/

この施設についても、奥さんの田中真美子さんは、2020年から2021年頃に、バスケット日本代表の強化合宿で参加しています。

そして、Numberのインタビューの記事から推測すると、2人の初対面の場所は「味の素ナショナルトレーニングセンター」のような気がしますね。

なぜなら、大谷選手が『ジムではない』と、わざわざ断ってるわけなので。

一方「アシックススポーツコンプレックス東京ベイ」は、月額2万円を払えば誰でも会員になれたスポーツジムの位置づけが強いですからね。

田中真美子さんの経歴とプロフィール

それでは、ここから大谷選手の奥さん、田中真美子さんの経歴とプロフィールを紹介していきます。

年代 出来事
1996年12月11日 東京都三鷹市で生まれる(27歳)2024年4月時点
中学 日野市立日野第一中学校
高校 東京成徳大学高等学校
– インターハイ・ウインターカップベスト8
-U17日本代表に選出
大学 早稲田大学
– 3年時の2017年ユニバーシアードで銀メダル獲得
– 2019年ユニバーシアード出場
2019年 富士通レッドウェーブに入団
2021年 3人制日本代表候補に選出
東京五輪最終予選のサポートメンバーとして出場権獲得に貢献
2023年 現役引退
2024年3月 大谷翔平選手との結婚が明らかに

身長は180cmで、バスケットのポジションはセンター。

田中真美子さんの学生時代

田中真美子さんは、小学校で空手を習い、中学校からバスケットボール部に入部。

中学3年時には都大会に出場し、ベスト16まで勝ち進んだそうです。

そして、関東屈指の女子バスケットボールの名門校である東京成徳大学高等学校に進学。

高校時は、インターハイとウインターカップで、ベスト8入りを果たすなど活躍し、強豪校で厳しい練習に明け暮れたようです。

身長は、高校3年時に177cmあったとのこと。

高校卒業後は、早稲田大学に進学し、大学3年時の2017年ユニバーシアード台北大会に出場。

決勝でオーストラリアに敗れたものの、銀メダル獲得に貢献されています。

学生時代の経歴を見ると、彼女もトップアスリートですね。

勉学にも真剣に取り組まれていたそうで、頭も良い人なのだと思います。

大学では「学科のアイドル的存在」

そして、田中真美子さんは大学でも人気者で、学科のアイドル的存在だったとのこと。

他人の悪口は絶対に言わず、フットワークも軽くて、男女問わず好かれていたそうです。

「かわいくて、大学でもちょっとした有名人」

「別に親しいわけではなかったにも関わらず、大学で偶然会うと笑顔で手を振ってくれるんです」

このように、元クラスメイトの人は語っています。

たしかに、大谷選手の奥さんとしてメディアに出てこられた時も、派手な見た目でなく内面から滲み出る美しさがありましたよね。

しかも、高身長で元アスリートということもあり、お似合いな夫婦という声が多かったです。

大谷翔平、田中真美子夫婦の日常のエピソード

大谷選手は結婚前、プライベートは謎が多く、野球だけに打ち込んでいる印象しか無いという人も多いでしょう。

ただ、結婚後は、真美子さんとの心温まる日常エピソードも明らかになっています。

Netflixドラマ『忍びの家』を遠距離電話で同時視聴

大谷選手は結婚報告後、雑誌「Number」の独占インタビューの中で、Netflixドラマの『忍びの家』を遠距離電話で、真美子さんと同時視聴していたと回答しています。

これにより、忍びの家がXでトレンド入り。

しかも、NetflixのX公式アカウントが、ポストしています。

他にも、昨年大ヒットしたTBS系ドラマ「VIVANT」も一緒に観ていたとのこと。

遠距離生活を送っていた2人が、ドラマを通じて絆を深めている様子が微笑ましいですね。

水原氏の違法賭博が発覚後、真美子さんは涙…

しかし、3月20日に大谷選手の元通訳の水原氏の違法賭博問題が一斉に報道されました。

真美子さんは本当にショックで、涙を流してしまったようです。

実際、韓国での開幕戦では、真美子さんは水原通訳の奥さんと共に観戦されてましたらね。

大谷選手が水原氏を頼りにしていたように、真美子さんも水原夫妻を頼れる存在だと思っていたでしょうから。

水原氏の今後については、下記で解説しております。

あわせて読みたい
【波乱】大谷翔平と水原一平の出会いと歴史!水原氏は最高懲役20年の可能性もあり! 大谷翔平選手の元通訳、水原一平氏の違法賭博問題は、まだ収束する見込みがありません。 大谷選手と水原通訳を信頼していた分、大谷選手の落胆は計り知れないでしょう。...

まとめ

以上、大谷翔平選手と田中真美子さん夫婦の出会いと、田中真美子さんの経歴とプロフィールについて解説してきました。

最後に簡単にまとめます。

  • 大谷翔平選手と田中真美子さん夫婦の出会いの馴れ初めは、日本国内の「練習施設の中の廊下」
  • 「アシックススポーツコンプレックス東京ベイ」「味の素ナショナルトレーニングセンター」のどちらかで出会ったと推測されている
  • 妻・田中真美子さんの身長は180cmで、元バスケットボール選手
  • 早稲田大学在籍時、2017年ユニバーシアード台北大会に出場し銀メダル獲得
  • 2023年にバスケットボール選手を引退

ABEMAプレミアム(14日間無料)では、大谷選手、山本由伸選手の所属するドジャースの試合をはじめ鈴木誠也選手の所属するカブス戦、日本人選手の所属するチームの試合を中心に324試合が生中継されます。

  • URLをコピーしました!
目次