【2024】大谷翔平の年収は132億円!スポンサー収入だけで100億円

  • URLをコピーしました!

スポーツ選手の年間収入が発表され、大谷翔平選手は世界13位にランクイン。

大谷翔平選手の2024年の年収は総額100億円以上で、ほとんどがスポンサー収入です。

この記事では、大谷翔平選手の年収、2024年スポンサー収入について詳しくお伝えしていきます。

目次

【2024年】大谷翔平スポンサー収入だけで約100億円

この投稿をInstagramで見る

Los Angeles Dodgers(@dodgers)がシェアした投稿

2024年、大谷選手はドジャースと10年総額7億ドル(約1014億円)という契約をしました。

年間に換算すると7000万ドル(約101億円)ですが、大谷選手は6800万ドル(約98億円)を「後払い」にする契約です。

つまり、大谷選手は現時点で、ドジャースから年俸3億円を受け取っている状態。

しかし、大谷選手の年収は100億円を超えています。

それは、スポンサー収入が6500万ドル(約100億円)入ってきているからです。

【2024年】大谷翔平のスポンサー企業一覧

現在、大谷選手のスポンサー企業は合計で20社。

スポンサー企業の一覧は下記の通り。

【日本企業】(合計9社)

  • SEIKO(セイコー)
  • KOSE(コーセー)
  • 西川株式会社(寝具メーカー
  • 興和株式会社(バンテリンなど)
  • 三菱UFJ
  • JAL(日本航空)
  • ECC(英会話学校
  • ディップ株式会社(「バイトル」などの求人情報サイト)
  • 伊藤園「お~いお茶」

【海外企業】(合計11社)

  • new balance(アメリカ)
  • オークリー(アメリカ)
  • ファナティクス(アメリカ)→スポーツライセンスのアパレル商品など
  • セールスフォース(アメリカ)→クラウドサービス
  • トップス(アメリカ)→トレーディングカード
  • ニューエラ(アメリカ)→ベースボールキャップなど
  • West Point Investment Corporation(アメリカ)→ハワイの別荘
  • ポルシェ(ドイツ)
  • HUGO BOSS(ドイツ)
  • パニーニ(イタリア)→トレーディングカード
  • ラプソード(シンガポール)→投球・打球を計測する機器

KOSE(コーセー)化粧品の売上が約20倍に

この投稿をInstagramで見る

Takay(@takayofficial)がシェアした投稿

大谷選手を広告に起用した効果は絶大です。

KOSEは、大谷選手の広告が展開された翌日に、

  • 百貨店での新規購入数が通常の3.6倍
  • 公式オンラインブティックでの販売個数が通常の約20倍

にも達したそうです。

本当にスゴイ数字ですよね。

KOSEが大谷選手に、いくらのギャラを支払っているのかは明らかになっていません。

ただ、これだけの効果があったことから、KOSE側はスポンサー契約を継続していきたいでしょうね。

大谷翔平のスポンサー収入は現役メジャーリーガーの中でも断トツ

大谷選手のスポンサー収入は、現役メジャーリーガーの中でも断トツで1位。

以下、メジャーリーガーの年収トップ10で、年俸とスポンサー収入の内訳です。

選手名 (所属チーム) 年俸 スポンサー収入
大谷翔平 (ロサンゼルス・ドジャース) 200万ドル(3億1000万円) 6500万ドル(100億7500万円)
山本由伸(ロサンゼルス・ドジャース) 5500万ドル(85億2500万円) 500万ドル(77500万円
マックス・シャーザー (テキサス・レンジャーズ) 5200万ドル(80億6000万円) 200万ドル(3億1000万円)
アーロン・ジャッジ (ニューヨーク・ヤンキース) 4000万ドル(62億円) 600万ドル(9億3000万円)
ジャスティン・バーランダー (ヒューストン・アストロズ) 4330万ドル(67億1150万円) 120万ドル(1億8600万円)
ホセ・アルトゥーベ (ヒューストン・アストロズ) 4100万ドル(63億5500万円) 250万ドル(3億8750万円)
マイク・トラウト (ロサンゼルス・エンゼルス) 3550万ドル(55億250万円) 500万ドル(7億7500万円)
ジェイコブ・デグロム(テキサス・レンジャーズ) 4000万ドル(62億円) 40万ドル(6200万円)
コーリー・シーガー (テキサス・レンジャーズ) 3450万ドル(53億4750万円) 400万ドル(6億2000万円)
アンソニー・レンドン (ロサンゼルス・エンゼルス) 3800万ドル(58億9000万円) 25万ドル(3870万円)

(※1ドル155円で計算)

この数字は、アメリカのスポーツビジネス情報サイトの「Sportico」を元に、算出しております。

下記が「Sportico」に掲載されている表です。

出典:Sportico

黄緑の部分が大谷選手のスポンサー収入で、1人だけ圧倒的だということが分かります。

ドジャースと契約した際は、後払い(年間約98億円)が話題になりましたが、それでも大谷選手の年収はメジャーリーガーで1位なんですね。

最近では、元通訳の水原一平氏が、大谷選手の口座から約26億4400万円を盗んだことで大きな話題になりました。

あわせて読みたい
水原一平と奥さん(妻)の現在は居留守中だと判明!?玄関前にお茶の箱 ドジャース大谷翔平選手の元通訳・水原一平氏。 その水原一平氏と奥さん(妻)は、現在カリフォルニア州オレンジ郡のニューポートビーチの自宅にいると言われています。...

ただ、大谷選手は水原氏から、お金を取り返そうとはしないだろうという声が大半です。

その理由として、

  • 大谷選手は早く忘れたいと思っている
  • 盗まれた金額は年収の4分の1
  • 野球に集中したい

今年は打者に専念して成績も良いので、多くのタイトルを獲得してほしいですね。

大谷翔平の2023年スポンサー収入は約45億円

アメリカの経済誌「フォーブス」によると、2023年の大谷選手のスポンサー収入は、3500万ドル(約45億円)。

そして、エンゼルスからの年俸が3000万ドル(約40億円)

2023年の大谷選手の推定年収は、約6500万ドル(当時のレートで約85億円)で、メジャーリーグでトップでした。

2023年はエンゼルスから40億円もの年俸が出てるのに、今年の方が年収は高いんですよね。

それだけ、大谷選手のスポンサー収入が増えているということです。

大谷翔平が「2024年スポーツ選手長者番付」で世界13位(約132億円)

そして、アメリカの経済誌「フォーブス」が、スポーツ選手の今年の長者番付を発表。

大谷選手は、13位にランクイン。

フォーブスの記事によると、

  • 野球の収入が2530万ドル
  • スポンサー収入が6000万ドル

総額が8530万ドル、日本円で約132億2000万円と発表しています。

「野球の収入が2530万ドル」の中には、後払いの金額も含まれているようです。

ちなみに、1位はサッカーのクリスティアーノ・ロナウドで、約403億円。

今回、大谷選手は13位でしたが、今後トップ10には入ってくるでしょう。

まとめ

ABEMAプレミアム(14日間無料)

以上、大谷翔平選手の年収、2024年スポンサー収入について解説してきました。

最後に簡単にまとめます。

  • 【2024年】大谷翔平スポンサー収入だけで約100億円
  • 大谷選手のスポンサー企業は合計で20社
  • 大谷選手のスポンサー収入は、現役メジャーリーガーの中でも断トツで1位
  • 大谷選手の2023年スポンサー収入は約45億円
  • 「2024年スポーツ選手長者番付」で世界13位(約132億円)

大谷選手のドジャースの試合は、ABEMAプレミアム(14日間無料)で配信中。

大谷選手、山本由伸選手の所属するドジャースの試合をはじめ鈴木誠也、今永昇太選手の所属するカブス戦、日本人選手の所属するチームの試合を中心に324試合が生中継されます。

  • URLをコピーしました!
目次