今永昇太投手の父親は元中学校の校長!1600ccのハーレーで通勤

  • URLをコピーしました!

メジャーリーグ1年目にも関わらず、大活躍の今永昇太投手。

現在、驚異の防御率0.84で、このまま行けばサイ・ヤング賞の最有力候補。

今永投手の父親は、元中学校の校長先生で、なんと1600ccのハーレーで学校へ通勤されていました。

しかし、2022年6月に残念ながら71歳で他界。(死因の方は明らかにされていません)

この記事では、今永昇太投手の父親・孝司さんについて詳しくお伝えしていきます。

目次

今永昇太の父親・孝司さんは元中学校の校長

今永投手の父・孝司さんは、北九州市内の中学校の校長先生でした。

2012年に定年退職されてからは、北九州市教育委員会の職員をされていたとのこと。

校長OBの方々で構成する「少年サポートチーム」の一員として、

  • 週に2日は小学校
  • 週に4日は中学校

に通い、8時半から17時まで、先生方の授業のサポートや生徒の生活指導の手伝いをされていました。

今永投手のお父様は、教育者として生徒たちと向き合い続けてこられたんですね。

教育に情熱を注ぐ姿勢は、今永投手の野球に対する真摯な姿勢にも通じるものがあると感じます。

父親・孝司さんは1600ccのハーレーで学校へ通勤

孝司さんは、学校へ1600ccのハーレーで通勤していたそうです。

朝8時半から夕方の5時まで、先生方の授業のサポートや生徒の生活指導の手伝いなどをしております。そこへ、例のバイクで通っているわけです。珍しい先生? そうはいないでしょうね、ははは

引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/333870/

孝司さんの愛車のハーレーがコチラ。

出典:Facebook

たしかに、こんな大きなバイクで学校に通勤する先生は珍しいですね。

しかも、大型バイクの免許を取得したのは58歳の頃。

それまでは、バイクは50ccのスクーターにしか乗ったことはなかったそうです。

大型バイクの免許を取得した理由として、

  • たまたま職場の近くに教習所があったこと
  • ボケ防止

この2つだと語っています。

「たまたま職場の近くに教習所があったもんで、軽い気持ちで挑戦したわけです。それでも、2カ月で大型二輪の免許を取りましたよ。人間、何事も緊張感がないとダメでしょ。大きなバイクに乗っていると、やっぱり怖いですから、緊張するんです。要するにボケ防止ですよ、ハハハ」

引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/333870/

この挑戦する姿は、息子の今永投手に見事に受け継がれていますね。

メジャーリーガー相手に、臆することなく投げるメンタルの強さは、本当に見ていて興奮します。

孝司さんのハーレーの価格は、中古で300万円ほど。

ただ、重量が400kgを超えるバイクとのことで、扱うのが大変そうですね。

父親・孝司さんの経歴

下記が、今永投手の父・孝司さんの経歴です。

年齢 経歴
高校卒業まで 福岡県北九州市出身
福岡県立八幡南高校を卒業
大学卒業まで 広島大学を卒業
大学卒業後 公立中学校の保健体育教師になる
45歳 校長に就任
45歳から定年(60歳)まで

15年間、北九州市内の中学校で校長を務める

北九州市出身で、ずっと北九州で過ごされています。

45歳の若さで校長先生に就任されてるので、学校からの信頼の高さを感じますね。

今永昇太の父親・孝司さんは2022年6月に71歳で他界

2022年6月、今永投手の父・孝司さんが他界したと、横浜ベイスターズから発表がありました。

71歳だったとのことです。

父・孝司さんの死因は公表されていない

孝司さんの死因の方は、遺族の意向で控えると発表されました。

そのため、今でも明らかになっていません。

ただ、息子のメジャーでの活躍について、今永投手の母・京子さんは…

「お父さんが生きていたら喜んでいたと思います。もう少し頑張ってくれていたら…」

と明かしています。

孝司さんが倒れたのは、今永投手がノーヒットノーランを達成した次の登板日のことでした。

このことから、孝司さんは病気と戦っていたんでしょうね。

今永昇太の母は中学校の教師、兄は小学校の教師

今永投手の家族は、父の孝司さんだけでなく、母、兄も教師をされています。

  • 母親は中学校の教師(音楽教師)
  • 兄(長男)は小学校の教師

今永投手のお兄さんも高校まで野球をされていたと、父の孝司さんが明かしています。

お兄さんは、今永投手より5歳年上とのことで、現在35〜36歳。

出典:Facebook

北九州市のソフトボールの教員選抜チームのメンバーとして、全国大会にも出場経験があるとのこと。

父の孝司さんは、

兄の方が今永投手よりも野球のセンスはあった

と語っています。

そして、今永投手は3歳上にお姉さんもいて、熊本県内でお仕事をされているとのこと。

お姉さんは、2016年の熊本地震を経験されており、下記のように語っています。

「自分は不自由なくハマスタを使え、食事もできている。一生懸命野球をやらなくては、と思います。被災された方々に『頑張っているんだな』と思われるようにしないと」

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/news/1633800.html

今永投手のメジャーでの活躍には、日本中のファンも熱狂してますし、ご家族も喜ばれているでしょう。

父の孝司さんも、喜んでいるでしょうね。

まとめ

ABEMAプレミアム(14日間無料)

以上、今永昇太投手の父親・孝司さんについて解説してきました。

最後に簡単にまとめます。

  • 今永昇太の父親・孝司さんは元中学校の校長
  • 孝司さんは1600ccのハーレーで学校へ通勤していた
  • 父・孝司さんは2022年6月に71歳で他界(死因は公表されていない)
  • 今永昇太の母は中学校の教師、兄は小学校の教師

今永選手のカブスの試合は、ABEMAプレミアム(14日間無料)で配信中。

大谷選手、山本由伸選手の所属するドジャースの試合をはじめ日本人選手の所属するチームの試合を中心に324試合が生中継されます。

  • URLをコピーしました!
目次